ファイナンシャルプランナーのコラム 住まいも一生。お金も一生。

TOP > ファイナンシャルプランナーのコラム「住まいも一生。お金も一生。」

第8回 60歳までにやっておきたいこと

このコラムでは、いつも住宅に関することを中心に書かせていただいておりましたが、今回はちょっと趣向を変えて『60歳までにやっておきたいこと』について書かせていただきたいと思います。

先日(といっても2カ月ほど前になりますが)、日経新聞朝刊の「NIKKEI プラス1」の特集記事に『60歳までにやっておけばよかったこと』という調査結果が載っていました。

調査対象は、20〜70歳代の勤務経験のある男女で、「お金」、「健康」、「人間関係」を充実させるために何が重要かを選択肢から選んでもらうという内容です。

今回は、その結果に非常に『なるほど!』と感じた部分が多く、とても興味深く思えましたので、私の意見を交えて一部紹介させていただこうと思います。

「お金」について

「お金」について

60歳以上の方々がやっておけばよかったこと、そして50代以下の方々が60歳までにしておきたいこととして、トップにあがった項目は、想像通りやはり「貯金」でした。

年金不安などの老後生活に対する不安が高まりつつあるなかで、ゆとりあるセカンドライフを迎えるためにもコツコツとためておくことが重要と考えてらっしゃる方が多いようです。

とはいえ、「日ごろの生活でいっぱいいっぱい」という方もいらっしゃるように、やろうと思ってもなかなかできないものかもしれません。ですので「やっておけばよかった」、「しておきたいと思っているが…」ということになっているのかも知れませんね。

そこで無理なく簡単に「貯金」をするコツがあるとすれば、それは月々決まった額を“天引き”で積立で貯めていくこと(財形貯蓄や銀行の自動引き落とし積立定期など)がとてもシンプルですが正攻法だと思います。

“天引き”積み立て貯金の強みは、なんといっても一度始めると知らない間にお金をが貯まっていくというところにあります。

また、同じ理由で目に見えていくら貯まっているかが瞬時には分からない(知らない間にお金が貯まっている)貯蓄性の保険を活用する方もやはり多いですね。

また、60歳以上の方々で、「お金」についてしておいてよかったと答えたトップの項目が、持ち家の購入とそのローンを退職までに完済しておいたことというのは、実感がこもった内容だと思いました。

退職後にも住宅ローンが残れば、確かにきついですからね。

ですので老後に向けての「住居をどうするのか?」という問題についても、早い段階からしっかり自分なりのイメージを固めて、シミュレーションを行っておく必要がありそうです。

「健康」について

「健康」について

この項目では、「大食い・大酒をしない」、「野菜中心の粗食を心がける」といった食習慣に関することが意外(?)に上位を占めていました。

これは、食習慣が肥満や内臓疾患などの病気につながることを実感された人が多くいることのあらわれかと思います。

その他、「日頃からよく歩く」、「早寝・早起き」など、生活習慣に関する項目もやはり多くの人の関心事のようで各年代の上位項目でした。

一方で、50代以下の方で「よく笑い、くよくよ悩まない」、「ポジティブに考える」といった項目があがっているのが特筆すべき点です。このことは裏を返せばストレス社会という現状に悩まされているのかもしれませんね。


「人間関係」について

これは、「夫婦関係を大切にする」、「人付き合いで無理をしない」、「共通の趣味を持つ友人をつくる」といった項目が各年代で上位を占めていました。

仕事や義理だからといって交友関係を無理に広げようとするのではなく、本当に大切な人との絆を大事に深くするという傾向が最近特に強くなっているということが読み取れます。

個人的にも、自分にとってどういう人とどのような時間を共にすることが大切なのかを考えさせられる内容でした。

まとめ

以上、「お金」、「健康」、「人間関係」の3つの項目の主だった内容だけを抜き出してご紹介させていただきましたが、この内容をご覧になられて皆さんはどう感じられましたでしょうか?

私自身はどの項目においても「やっておくべきだった」と後悔しないように、『これは!』と思えることをすぐに実行し「やっておいてよかった」と思えるようにならなければ、と感じました。

よくFP相談で老後資金のご相談の際に、残り時間が短くなれば短くなるほどかかる負担が大きくなるのでやれることを早めにスタートすること(時間のメリットを有効に使うこと)が重要です、とお話しさせていただいておりますが、お金の面だけでなく、健康、人間関係においてもそれは当てはまるのではないでしょうか?

私たちFPは「お金」についてだけご相談させていただいているイメージをお持ちになっておられる方が多いとは思いますが、それだけではありません。

もちろん「お金」についてのご相談がメインではありますが、「お金」だけで人生が豊かになるわけではありません。健康や趣味、仕事、将来の希望など様々な要素がかみ合ってこそ豊かな人生が形成されるのではないでしょうか?

ご相談者様の豊かな人生のお手伝いができるよう、ファイナンシャルプランナーに加えライフプランアドバイザーという要素も併せ持つことを改めて肝に銘じ、今後もお客様の想いを大切にしていきたいと思います。




もくじに戻る

MY PAGE LOGIN
ID
PASS

ログイン

ID・PASSをお忘れの方はこちら

マイページ登録はこちら

CONTENTS

買う

建てる

こだわる

暮らしに役立つまめ知識

住まいの用語集

このページのトップへ